2021.12.07

【釣り船向け】予約システムに必要な4つの機能|システム5選も

COLUMN

【釣り船向け】予約システムに必要な4つの機能|システム5選も

釣り船とは、船釣りをする客を乗せるための船です。釣り船には、乗合や貸切をはじめとしたさまざまな形式があるため、予約管理が煩雑化しやすい傾向にあります。実際に、釣り船の予約管理に手間がかかって困っている人は多いのではないでしょうか。

当記事では、予約システムの種類や導入方法を詳しく解説します。おすすめの予約システムについて、特徴やメリットを踏まえて解説するため、予約管理を効率化させようと考えている釣り船経営者は、ぜひ参考にしてください。

1.【釣り船向け】予約システムに必要な4つの機能

予約システムを導入する際には、釣り船ビジネスに対応した予約の機能が備わっているかの確認が重要です。ここでは、釣り船の予約管理を効率化させるために重要な、4つの機能を解説します。

●予約枠設定機能

予約を効率的に受け付けるために欠かせない機能が、予約枠設定機能です。予約枠設定機能があると、氏名や利用日はもちろん、貸切船・乗合船、希望プランなどの入力してほしい情報を予約枠ごとに設定できます。釣り船の運航に必要な内容を事前に把握できることで、予約だけではなく業務全体の生産性が向上するでしょう。

●予約枠のカテゴリー分け機能

お客さんが快適に予約するために、予約枠のカテゴリー分け機能があると便利です。予約枠のカテゴリー分け機能があると、利用者が条件ごとの絞り込みをできるようになります。たとえば、海釣り体験を希望する場合、予約状況や受付可能人数などを絞り込んで予約画面に表示できるため、スムーズな予約が可能です。

●オプション管理機能

予約管理の効率化には、オプション管理機能もおすすめです。たとえば、オプションとして釣り道具のレンタルを行っている場合、予約画面で道具のレンタル希望の受付も可能となります。当日の在庫不足を防止できる上に、フォーム内で料金プランを選べるようにすれば、スタッフが直接説明する手間もなくなります。

●クレジット決済機能

クレジット決済機能があるかどうかにも、注目してください。クレジット決済機能があると、予約時に支払いも済ませられるため、当日の会計業務を大幅に軽減できます。ヒューマンエラーの防止や無断キャンセル対策になる点でも、メリットは大きいと言えます。

2.【釣り船向け】予約システムを選ぶ3つのポイント

さまざまな機能を備えた予約システムを導入しても、自分たちに合っていなければ予約管理の効率化にはつながりません。最適な予約システムを選ぶためには、下記3つのポイントを押さえる必要があります。

●使いやすいシステムを選ぶ

システム操作の初心者でもすぐに使いこなせるような、操作性の高いシステムを選んでください。操作性の高いシステムを選ぶことで、業務の効率化が迅速に実現します。「使いやすさ」は、自分だけではなく、お客さん目線での判断も必要です。システムが使いにくいことでストレスを感じると、お客さんは予約完了前に離脱してしまう可能性があります。

●セキュリティ対策を重視して選ぶ

予約にあたっては、多くの個人情報が入力されるため、セキュリティ対策を重視することもポイントです。たとえば、決済時に利用したクレジットカード番号が外部に漏れてしまえば、お客さんと企業が知らないところで悪用されてしまいます。個人情報を一度流出させてしまえば、被害者のお客さんだけではなく、社会からの信頼を失います。

●複数の候補を比較して選ぶ

予約システムによって金額や機能は異なるため、自社に合った予約システムを導入するには、複数の候補を比較することがポイントです。たとえば、豊富な釣り道具のレンタルを行っているのであれば、オプション管理機能が充実したシステムを選ぶことで、予約管理を効率化できます。自社の課題や傾向を一度整理した上で、候補の中から最適なシステムを選んでください。

3.【釣り船向け】予約システム5選

釣り船で利用できる予約システムには、さまざまなものがあります。そのため、予約管理を最大限に効率化させるには、自分たちの釣り船に合った予約システムを見つけて、導入することが重要です。

そこでここからは、釣り船向けの人気予約システムを5つ紹介します。

3-1.Airリザーブ

Airリザーブの特徴
  • 自由受付タイプと事前設定タイプの2つが用意されている
  • SNSやホームページと簡単に連携できる
  • 予約履歴を簡単に確認できる

Airリザーブでは、利用者が好きな時間を選べる「自由受付タイプ」と、店舗側が設定した枠の中から予約する「事前設定タイプ」を選べます。お客さんの予約に柔軟に対応しながら船を出す場合は事前設定タイプを選ぶなど、経営スタイルに合わせた運用が可能です。

SNSやホームページにURLを貼るだけで連携できるため、インターネットでの情報発信を行っている場合はさらに集客力を高められます。予約履歴を瞬時に確認できることで、リピート客の傾向把握や接客向上につなげられる点もAirリザーブのメリットです。

公式サイトはこちら

3-2.STORES 予約

STORES 予約の特徴
  • 業種に合わせたテンプレートを利用して簡単に導入できる
  • お客さん専用のアプリが用意されている
  • アンケートやクレジット決済などのオプションも豊富にある

STORES 予約では、業種に合わせたテンプレートが用意されており、専門的な知識がなくても簡単に導入できます。お客さん専用のアプリが用意されているため、スマートフォンから簡単に予約手続きができるようになる点もメリットです。満足度やリピート率の向上も期待できます。

アンケートやクレジット決済機能などのオプションも豊富であり、自分たちの目標や課題を踏まえての運用が可能です。

公式サイトはこちら

3-3.Direct Reserve

Direct Reserveの特徴
  • サポート体制が充実している
  • 無料体験版を利用できる
  • シンプルなデザインで直感的に操作できる

Direct Reserveは、サポート体制が充実している点が魅力的な予約システムです。導入にあたっての手間がかからないよう、メールや電話で親身にサポートしてくれます。

最大2か月間利用できる無料体験版があり、店舗に合っているかどうかを入念に吟味した上での導入が可能です。また、シンプルなデザインで直感的に操作できるため、店舗側・お客さんの両方がすぐに馴染めるでしょう。

公式サイトはこちら

3-4.Goope

Goopeの特徴
  • 最短1日で利用を開始できる
  • SSL設定に自動対応しており高いセキュリティ性を誇っている
  • アクセス解析できる

Goopeは、事前に用意されているデザインを選ぶだけで導入できるため、最短1日で利用を開始できます。「すぐにでも予約管理を効率化させたい」と考えている場合には特におすすめです。

インターネット上のデータを暗号化するSSLに自動対応しており、セキュリティ面での心配もありません。アクセス解析ができるため、お客さんの傾向や予約経路を把握することで、集客力の向上にもつなげられます。

公式サイトはこちら

3-5.リザエン

リザエンの特徴
  • 自社に合わせてカスタマイズできる
  • 専門のサポートチームが手厚くサポートしてくれる
  • 顧客管理や自動返信メールなど機能が豊富にある

リザエンでは、標準で搭載されている機能だけでは不十分な場合、システムの個別カスタマイズが可能です。自社のどのようなニーズにも対応できるため、他のシステムで解決できなかった課題も解決できるでしょう。

また、専門のサポートチームが用意されており、導入から運用までを電話やメールなどで親身にサポートしてくれます。自社にIT関係のスキルや知識が蓄積されていない場合でも、安心して運用することが可能です。

お客さんの情報を管理する顧客管理や、自動的にメールを送信する自動返信メールなど、機能も充実しています。予約管理の効率化だけではなく、組織内全体の生産性向上を実現できるでしょう。

公式サイトはこちら

まとめ

釣り船の予約管理を効率化させるための方法に「予約システム」の導入があります。予約枠設定機能・予約枠のカテゴリー分け機能・オプション管理機能・クレジット決済機能が備わっている予約システムがおすすめです。

ただし、自社に合った予約システムを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえる必要があります。具体的には、「使いやすいシステムを選ぶ」「セキュリティ対策を重視して選ぶ」「複数の候補を比較して選ぶ」の3点です。

「リザエン」は、高度なセキュリティ性と充実した機能を兼ね備えている予約管理システムです。自分の釣り船店舗に合ったツールで悩んでいる人は、ぜひ一度お問い合わせください。

予約システムについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

本コラムを読んでご興味を頂けましたら、是非下記のリンクからホワイトペーパーをご確認下さい。 様々な検討ステージのお客様に向けて、幅広く知識やノウハウをまとめた資料をご提供しています。

 

ホワイトペーパーの一覧を見る