病院・クリニック

もりもとレディースクリニックの診療予約

CASE

もりもとレディースクリニックの診療予約

患者さんも、管理するスタッフも、どちらも簡単に使える仕組みであること、が導入の決め手でした。

  • 業務効率化
  • エンタープライズ版

もりもとレディースクリニック様

婦人科・内科

リザベーション・エンジン導入についてお聞かせください

Q.予約管理システムを初めから導入しようと決められていたのですか?

A.「はい、そうですね。とくに深く考えたわけでもなく、流行ものだし(笑)、これからは必要になるだろうと。そんな軽い気持ちでいましたね。でも私は勤務医時代から、ナースや医事課スタッフがついてこれないくらい診察スピードが早かったので、周りの方から『予約管理システムを使うと、絶対患者さんが喜ぶようになるよ』と言われていました。」

Q.予約管理システムは効率性が重要ですよね?

A.「患者さんをきちんと管理しながら効率よく予約を受け付けたいと思っていたんですけど、なかなか手軽に使えそうなものがなかったんですよ。ところが、リザベーション・エンジンを見て、あっ、これは使い易いと思いましたね。しかも、携帯電話でも予約ができるし、メールなどいろんな機能も付いていて大変便利に思いましたね。」

Q.どのようにしてリザベーション・エンジンをお知りになったのですか?

A.「私が信頼しているコンサルタントの方が、インタークエストさんのリザベーション・エンジンを紹介してくれたんです。 それで実際にデモ版を見せてもらいました。そしたら、今まで見てきたシステムと全然違って!すごく簡単に見えたんですよ、画面が。『これなら患者さんも簡単に使える!』ってすぐに思いました。それに医院側での管理もやりやすそうで。皆さん予約管理システムを使うと操作に時間が掛かって仕方ないって言われますけれど、時間が掛かるって言っているかたは、リザベーション・エンジンをまだ知らない方だと思う。」

Q.決め手は「使いやすさ」だったわけですね。

A.「そうなんです。患者さんが難しい操作を覚えることなく簡単に使えるのが良いですね。それに管理する私たちも簡単に使いたいし、そのようなニーズを踏まえたシステムがこのリザベーション・エンジンだったんです。」

Q.予約受付管理システムの利用用途を教えていただけますでしょうか。

A.「患者さんをきちんと管理しながら効率よく予約を受け付けたいと思っていたんですけど、なかなか手軽に使えそうなものがなかったんですよ。ところが、リザベーション・エンジンを見て、あっ、これは使い易いと思いましたね。しかも、携帯電話でも予約ができるし、メールなどいろんな機能も付いていて大変便利に思いましたね。」

院長とお店の外観